駐在にて働く方法と流れ【日本企業から赴任】

①まずは求人情報を探すこと

日系企業の海外駐在員としてインドネシアで働くためには次の2つです。

→日本企業に就職して実績を積み、インドネシアへの転勤辞令を受けてインドネシアへ派遣される

→海外駐在員求人に応募する方法

将来性を期待して日本企業に就職

前者の場合は、インドネシアに進出している企業を探して、中途採用に応募するしかありません。(インドネシア進出の日系企業

しかし、無事に採用されてもその後ある程度の実績を上げてから、海外勤務に抜てきされるという道を取るのが一般的です。このため、就職してすぐにインドネシアで働けるわけではありませんし、必ずしもインドネシアで働けるとは限りません。

駐在員求人の募集枠へ応募する

そこで現在増えているのが、海外勤務を希望する人を駐在員として募集している企業の求人に応募する方法です。

インドネシアで働きたい人は、後者の海外駐在員の募集に応募するのが最も近道です。

日本企業の海外駐在員募集は人材紹介会社が取り扱っています。サービスに登録すると専任のコンサルタントが付いて、さまざまな相談に乗ってくれます。日本企業に就職したいことを伝えて、インドネシアの海外駐在員を募集している企業を紹介してもらいましょう。

人材紹介会社のコンサルタントは、数多くの非公開情報を抱えています。これらの非公開情報は有利な条件のものが多いのが特徴です。自分では探せない高収入の募集など、貴重な求人情報が得られます。

駐在員という求人情報を扱っているのはリクルートエージェントが最適だと思いますね。他にJACでも扱いがあります。

②転職活動で用意するもの

日本企業に就職するのですから、基本的には日本での転職活動で必要なものを用意すればOKです。まずは履歴書と職務経歴書を作成して応募しましょう。海外駐在員としてのスキルが十分であるかどうかを試すために、英語の履歴書と職務経歴書の提出が必要な企業もあります。

③面接の進め方

書類選考に合格すると、次は面接です。技本的に日本企業へ就職するのと同じような質疑応答が行なわれますが、なぜインドネシアで働きたいのかをきちんと説明できるよう考えをまとめておきましょう。また、インドネシアでどのように活躍できるのか、得意な分野やスキル、これまでのキャリアを織り交ぜて、具体的なビジョンを示さないと採用されにくくなります。グローバルに活躍できる人材であること、そして、インドネシアの市場やビジネスに精通していることをしっかりとアピールしましょう。

参考:求められる素養

④採用後の流れと渡航

採用後はパスポートを用意し、そのほか必要な書類などは会社の指示に従ってください。また、インドネシアで暮らすために必要な生活用品などの準備も早めにとりかかりましょう。住まいの手配なども会社が行ってくれるのか、自分で探すのか確認し、自分が行うべきことと会社が行うことを明確にしたうえでスケジュールを作成して、計画的に行動しましょう。熱帯性の気候なので伝染病にかかりやすいので予防接種も必要です。わからないことがあれば会社に尋ねるか、転職サービスの担当コンサルタントに相談してください。

このページの先頭へ