どんな人が現地採用で採用の確率が高いか整理

earth
まず現地採用で働く方法と流れはこちらでご確認を。

次に、インドネシアで働くなら、インドネシア語と英語のスキルが必要とされる求人情報が多いですね。

現地採用者が語学力で要求されるレベルとは

どの程度の語学力が必要なのかは会社や職種によって異なります。

一般的な目安としてはインドネシア語はインドネシア語技能検定のB級クラス、英語は、TOEIC700点レベルです。

これは仕事で必要な会話能力があるとされるレベルで、日常会話が話せるよりワンランク上とされています。

インドネシア語技能検定はインドネシア政府と連携した、日本で唯一の語学技能検定試験です。

公的な検定試験ですから、この資格を持っていると採用されやすく、自分の語学レベルを知る上でも、インドネシア語技能検定の取得をおすすめします。

検定試験は特A級からE級までのランクに分かれています。C級は日常会話ができるレベル。B級は職場で通用するレベル、A級はインドネシア語のネイティブレベル。特A級は通訳や翻訳のプロレベルとなっています。

売り手市場とはいえ、最低限のスキル

itengineer1

インドネシアでは日本人労働者不足による売り手市場と言われていますが、一定のキャリアやスキルは当然必要です。

実務スキルで最低限必要なのは、パソコンが使いこなせることです。ExcelやWordは必須となります。

営業職などではプレゼン資料作成でPowerPointを使うことも多いので、こちらもマスターしておきましょう。

さらに、電子メールで英語やインドネシア語のビジネス文書を作成するスキルも必要です。

これら最低限のスキルを満たすだけでなく、専門スキルやその業界での経験も必要です。

インドネシアでは営業職の求人情報が多め、エンジニアリングなども同様に経験者が優遇されますから、自分のキャリアが生かせる職種を生かせる職場をさがしましょう。

財務に関する専門知識がある人の需要も高く、国際的な公認会計士の資格を持っている人はどの会社でも優遇されます。

また、人事部門の経験者もニーズの高い職種となっています。

インドネシアでの中途採用では、とりあえず語学の面を満たしていれば誰でもいいというわけにはいかないのが一般的です。

給与の高い日本人をわざわざ雇用するメリットがなければ、インドネシア人を雇うほうが経済的だからです。

インドネシアは宗教も文化も異なります。異文化で働くためには、社交的な性格で現地の人たちに溶け込めることがもっとも重要です。

すべての職種において、フレンドリーな資質が求められます。

さらに、どんな困難にぶつかっても、あきらめないチャレンジ精神、新たな道を開拓するパイオニア精神が求められます。

インドネシア人は時間に寛容なので、その面でもフォローできないとキツくなってきます。

日本人採用のポジション

募集のある役職やポジションは会社によって異なりますが、一般スタッフというよりはその職場のリーダー役として活躍できる人が求められます。

したがって管理職や経営スタッフとしての求人も多いのが特徴です。現地採用でどれ位の給料が期待できるかも確認してみましょう。

このページの先頭へ