技術者、管理者が多いメーカーの仕事

seizougyou2
製造・技術関連の求人では、日系の製造メーカーからの求人に加え、日系企業に納品しているインドネシアの製造会社からも一部あります。

製造工場の技術管理者などの求人が目立ちます。

業種では自動車関係の部品、SMTなど電子部品の製造メーカーなどが多いのが特徴です。

このほか納品した機械のアフターサービスやメンテナンスを行うサービスエンジニア、技術指導を行う管理職、工場長などの求人もあります。

特に、日本人の技術力は高く評価されますから、これまでのスキルや経験を生かした働き方ができます。

実務経験と技術力。50代求人もある

製造分野に関する知識に精通していることが、何よりも求められます。

実務経験3年以上など経験者でなければ採用されにくく、現地の人に技術を教えられるレベルの人が歓迎されます。

発注指示を十分に理解し、製造実務の工程を計画し、機械のセッティングから安定した品質で量産させるシステムの確立まで、全工程を管理・指導できるスキルがあれば言うことはありません。

リーダーとして活躍するケースが多いため、インドネシア語や英語での会話能力も必要ですが、それ以上に技術力が優先されます。

しかし、いくら技術力が優先されると言っても、発注元の希望をくみ取る能力や、インドネシアの従業員に指導できるだけの語学力は必要です。

さらに、円滑に意思疎通ができるコミュニケーション能力も不可欠なスキルとなります。

管理職では高給与も見える

seizougyou3
インドネシアでは日本人の優れた技術を必要としているので、比較的高給・高優遇での求人が目立ちます。

給与は経験3~5年程度で25万~30万円。5年以上で30万~50万円。工場長待遇では50万~100万円と高給での求人があります。

経験や技術があれば、交渉次第では高待遇で採用される可能性が高いので、採用時に給与や待遇に関して交渉することをおすすめします。

自分で交渉しにくいという人は、転職サービスの担当コンサルタントに交渉してもらいましょう。

このページの先頭へ