出張・転勤を含む転職をするなら

seizougyou1
インドネシアへの転勤がある企業はたくさんありますが、業種別に見ると、最も多いのが製造業です。

インドネシアには日本企業向けの工業団地が複数あり、数多くの製造メーカーがインドネシアで工場を運営しています。

自動車関連メーカーが特に多く、このほか電子部品メーカー、家電メーカー、製薬会社、日用品・化粧品メーカーなどさまざまな企業がインドネシアに拠点を置いています。(参考:メーカーの仕事

これらの会社に就職すると、インドネシアに海外駐在員として転勤するチャンスがあります。(参考:インドネシア勤務の求人が見られる業界と職種

また近年ではインターネットサービスや、ソフトウェア開発などのIT系企業がインドネシアに進出するケースが急増していますから、これらの企業でも転勤があります。(参考:ITエンジニア求人情報

このほか商社・貿易会社、建設会社、不動産会社、小売業、ホテルなどのサービス業などかの求人も増えています。

こんな人材が可能性あり

gatspause
インドネシアへ転勤するためには、語学力が必要です。必須スキルは英語です。さらにインドネシア語も話せるなら、転勤のチャンスが高くなります。

日本企業からの転勤では、現地での顧客開拓を行うなどの営業職、現地工場の管理職などの仕事が主体となります。

営業職では優れた営業能力、現地顧客のニーズを把握し、ビジネスチャンスを逃さない機敏性、求められるサービスや商品を提供できる企画力が必要です。

製造業では現地従業員の教育を行うケースが多いため、優れた技術力が求められるとともに、指導力も必要です。

また、異文化を理解しようとする前向きな姿勢、海外での事業を成功させるための情熱がないと務まりません。

安心して渡航できる待遇面

給与は日本の給与を基準に、インドネシアの物価を考慮して支給されるのが一般的です。

経験や役職によって異なりますが、20万~60万円程度が一般的です。

さららに海外勤務手当が出ますから、日本で暮らすよりハイレベルの生活が送れます。住居手当、運転手付きの車が支給される会社も少なくありません。

このページの先頭へ