数少ないインドネシア勤務の業界と職種

businessman1
日本企業に就職して海外駐在員としてインドネシアで働くメリットは、数多くあります。

最大のメリットは、高待遇で働けることです。(日本ベースで払われる給与、駐在員の待遇

日本より物価の低いインドネシアで、日本で働くのと同様の給料が支払われるうえに海外勤務手当が支給されますから、現地ではハイクラスの生活が実現します。

就労ビザの手配、渡航手続き、現地での住居探しなども会社が手続きを行ってくれるケースが大半です。

このため、現地企業に採用されるよりも簡単に、インドネシアでの生活をスタートさせることができるのも大きなメリットです。

現地企業に就職するとインドネシアでの給与レベルは高くても、日本レベルよりもはるかに低賃金になりますから、日本の年金を支払えない人も多くなります。

また、日本に帰国したときに生活基盤がなくなるなどのデメリットがあります。

しかし、日本企業の社員として働く場合は厚生年金に加入したまま働け、貯金もできますから、日本に帰国しても安心です。どんな会社がインドネシアにあるのか、インドネシア進出の日系企業もチェックしてみると良いでしょう。

この業界での経験者はチャンス

seizougyou1
駐在員求人が多い分野は、何といっても製造業です。

特に自動車関連メーカーからの求人が多く、営業、技術職ともに求人があります。
(参考:技術者・管理職むけメーカーの仕事

このほか電子部品メーカーの求人も目立ちます。

そしてここ数年、急速に増えているのがIT系企業です。ITエンジニアの求人情報多め、インターネットサービスや情報技術関連の技術者のニーズも高まっています。

このほか商社や貿易会社、小売業、金融関連の会社からの求人もあります。

この職種での求人は比較的みつかる

インドネシアでの駐在員としての求人にはさまざまな職種がありますが、特に多いのが製造業の営業職や技術職、管理職です。

自社製品の売り込み、工場の生産・品質管理や、在庫・購買管理、現地従業員の指導などを行います。

製造業だけではありません。商社での営業・貿易業務、IT企業のプロジェクト管理やブリッジエンジニア、旅行会社の営業、日系企業のインドネシア進出コンサルタントなど、多岐にわたります。

ただし即戦力が優遇

募集要件では英語とインドネシア語ができること、募集業種での実務経験ありといった条件での募集が大半です。(参考:求められる素養

また、インドネシアの商習慣や文化に詳しい人を募集している会社も少なくありません。

また、管理職としての募集も多いので、マネージメント能力が高いことも必要要件となります。

海外駐在員として採用されるためには、英語ではTOEIC700点以上の能力がないと採用されにくく、インドネシア語もビジネス会話ができるレベルがあると優遇されます。

インドネシアで駐在にて働く方法もご覧ください。

このページの先頭へ